スキップフロアー

寝室からスキップアップ

名古屋市を中心に、日進市、春日井市、豊田市で注文住宅をお考えなら ディアプランナー DEAR PLANNER にお任せください。自由設計ながらも価格を抑えた性能の良い家をご提案いたします。

コロナ禍で在宅ワークをしている方が増えており、住宅のプランニングにもそれに対応できるよう検討することも増えてきたと以前のブログでも書きました。

そうしたスペースをどこに設けるかは、それぞれのお宅の環境によって異なってきます。

敷地に余裕のあるお宅では昭和のころに流行った別棟のいわゆる「勉強部屋」のような対応もあります。

別棟でなくて室内の場合も、設置する場所や階も様々です。

このイメージ図の事例は2階の寝室の上にスキップフロアーとして設けた事例。

屋根の掛け方や勾配によってこうしたスペースが確保できます。

もちろん平屋でも屋根の架構によってこうした空間を設けることができます。

この事例ではスキップアップしたワークスペースの下にはクローゼットがあり、空間を無駄にしない工夫をしています。

今日も皆様にとって快適で楽しい一日でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる