子ども部屋

子ども部屋の間仕切り

名古屋市を中心に、日進市、春日井市、豊田市で注文住宅をお考えなら ディアプランナー DEAR PLANNER にお任せください。自由設計ながらも価格を抑えた性能の良い家をご提案いたします。

子ども部屋の設計をする時のご要望として、2室を個室として独立させるのではなく、一つの広い部屋としたいというものがあります。

小さなお子さんが一人部屋だと不安になるという理由やまだお子さんが生まれていないので、フレキシブルに使いたいという理由からです。

すでに2人のお子さんのいらっしゃるお宅の子ども部屋の設計でも間仕切りを設けないで広くすることも比較的多くあります。

画像もそのような要望から間仕切りを設けない子ども部屋。

広い部屋の真ん中の天井は下がり壁が見られます。

これは将来的に部屋を仕切る時のガイドとして壁を作ったり、枠を設けて建具で仕切れ足りできるようにしています。

実際に新築して何年か後にそのようなリフォームの依頼もいくつかあります。

それでも将来的にも仕切らずにこのままということもあります。

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

快適な家づくりは ディアプランナー のホームページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる