プレイルーム

子ども部屋の利用法

名古屋市を中心に、日進市、春日井市、豊田市で注文住宅をお考えなら ディアプランナー DEAR PLANNER にお任せください。自由設計ながらも価格を抑えた性能の良い家をご提案いたします。

お子さんがまだ小さい世帯、例えば未就学児がいる世帯では、子ども部屋の使い方は勉強したり、寝起きしたりすることがないケースがほとんどです。

しかしながらお子さんが成長するまで子ども部屋を使わないというのはもったいない。

そこで子ども部屋をプレイルームとして使うイメージがこの画像となります。

当初は2つの子ども部屋の間仕切りは無い状態なのでより広い形のプレールームになります。

2階建ての2階の部屋に作るのもいいのですが、この事例は平屋の住宅で設けた例。

平屋ですと共用スペースからもアクセスが近く、家族もお子さんの様子が確認できて安心です。

お子さんが成長すれば、子ども部屋にレイアウト変更となります。

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

快適な家づくりは ディアプランナー のホームページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる