西向き敷地

西向きの敷地で間取りや外観を検討

名古屋市を中心に、日進市、春日井市、豊田市で注文住宅をお考えなら ディアプランナー DEAR PLANNER にお任せください。自由設計ながらも価格を抑えた性能の良い家をご提案いたします。

西日はとてもまぶしくかつこの季節は太陽が沈む方角が真西よりやや北向きになるので、北の窓からも西日の強い日差しが入ります。

そうした西日の影響を受けやすい西向きの敷地の計画をしています。

道路に向かっての間口も限られるので普段は車を2台で考えていますが、非常時には無理をすれば3台停められることを示しています(大型車では3台は厳しいかも)。

そうした検討とともに西日の影響を考えて窓の大きさを小さくして、その上で外観がどのように見えるのかをチェックしています。

建物の手前の窓の幅や高さはもう一工夫必要ですね。

窓を変更すると間取りにも影響することが多いのでそちらから見直しします。

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

快適な家づくりは ディアプランナー のホームページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる