階段

高低差のある敷地のアプローチ

名古屋市を中心に、日進市、春日井市、豊田市で注文住宅をお考えなら ディアプランナー DEAR PLANNER にお任せください。自由設計ながらも価格を抑えた性能の良い家をご提案いたします。

画像は敷地内に高低差がある住宅の建て替え計画のイメージ画です。

既存の敷地は道路と駐車場は同じレベルでその上に住宅が建っている状況でした。

高低差は法面(土地が斜めの状況)処理してあり、敷地の有効利用のために高低差の処理として土留めを設けて、住宅の立つ側に十分なお庭が取れるようにしました。

1M以上の高低差があるので駐車場から道路までのアプローチはどうしても階段が必要となります。

単純にまっすぐレイアウトしてみたのがこの画像。

ちょっと「取って付けた」感があるので上がり方やスロープとの組み合わせなどいろいろ検討する必要がありそうです。

お庭の先には落下しないような手摺も必要ですが、お庭からの景色も考えてデザインも検討する必要がありますね。

3Dで検討するといろいろなことが見えてきます。

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

快適な家づくりは ディアプランナー のホームページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる